AviUtl Project TransferAPT

PC間のプロジェクト移動をもっと楽に。

・別PCで編集/エンコードしたい!
・素材付きでPF配布したい!
そう思ったことはありませんか?
そんな悩みを解決すべくAPTは生まれました。

注意

readme.txtに書き忘れたのでここに書きます。
送信先のPCで100%同じプロジェクトとして開くには、素材とは別に
使われたフォント、スクリプトがインストールされている必要があります。

また、別のフォルダにあっても同じファイル名の素材を2つ以上使うことはできません
(例えば、「C:\Users\abc\def.mp4」と「D:\Videos\def.mp4」の2つを素材に含む場合、aptファイルを作成時にエラーが発生します)

次期バージョンでこれらは解決させる予定ですが、現時点(Ver 1.0)では
手動で対策する必要があることを留意してください。

readmeはこちら

圧縮できるもの

  • exoファイル
  • 素材(動画ファイル、画像ファイル、音声など...)


圧縮できないもの

  • フォント
  • プラグイン
  • その他PCやAviUtlの設定


本ソフトウェアを使用することにより生じる損害の一切の責任を私ほねつきにく。は負わないこととします。

274回ダウンロード